Tuesday, June 7, 2016

高知で30代男性、脳死判定 家族承諾で臓器提供 2016.6.6 19:53

SANKEI

日本臓器移植ネットワークは6日、高知県内の病院にくも膜下出血で入院していた30代男性が同日午前10時4分、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。男性は書面で臓器提供の意思を示していなかったが、家族が承諾した。脳死判定は同法施行後382例目。本人の意思不明は217例目。


 心臓は国立循環器病研究センター(大阪府)で40代女性、肺は岡山大病院で20代男性、肝臓は北海道大病院で40代女性、膵臓と腎臓は東京女子医大病院で40代男性、もう片方の腎臓は高知医療センターで60代女性にそれぞれ移植。小腸は医学的理由で断念した。

A male donor in his 30s donated his heart, both lungs, liver, pancreas and both kidneys; a seven organ donor saving 5 lives!  Story source
_________________________________________________________
You have the power to SAVE Lives
We are asking you to register as an organ, eye and tissue donor today.
In California:
Donate LIFE California | Done VIDA California
Nationwide:
Organ Donor | Donate Life America
To ensure donation happens, please share your decision with your family. At stake is the legacy you wish to leave.

No comments: